photogenic something

ご訪問ありがとうございます。永年写真撮影しているが、思った様に撮れない連続。

蛍の郷

息子家族と松本市周辺へドライブ旅行へ行くことになった。

ジジババ、息子夫婦、孫二人の賑やかなドライブ旅行である。

孫は4歳の女子と1歳の男子。チャイルドシートに座っている。

ワンボックスカーは、子連れ家族旅行には大変ありがたい車だ。

そもそもセダンは最大5人乗りなので、大人数でのドライブ旅行は無理。

途中、1歳の男子に大泣きされたり、4歳の女子に高速道路のサービスエリアでオモチャをねだられたり。渋滞にも遭遇し6時間を要して松本城の駐車場に到着。

 

松本城

f:id:photogenic_something:20190625231118j:plain

D810, AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/320, 38mm, ISO400, f/14

松本城を撮影したのは3回目。初めて空に青空が観れた。それでも梅雨空の曇りがちな天候であった。城の黒漆板が今までで最も黒く見えたのも不思議である。

漆喰の白と黒漆の黒、何度見ても美しい城だ。現存する数少ない創建時の天守閣。長旅の疲れを忘れさせてくれる。

 

カエル祭り

お腹が空いたので美味い蕎麦を求めて「四柱(しばしら)神社」方面へ歩く。神社の近くに来ると何やら祭りの様な雰囲気。多数の出店が出て、カエル関連の物品を販売している。

f:id:photogenic_something:20190625234623j:plain

D810, AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/40, 75mm, ISO400, f/14

エイヤーサッサ、エイヤーサッサ。 四柱神社境内から大音量が聞こえる。多くの人が踊っている様である。太鼓の音と掛け声。のぞいてみた。

f:id:photogenic_something:20190625234631j:plain

D810, AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/125, 82mm, ISO400, f/14

多くの若人達がお揃いの衣装を着て楽しそうに踊っていた。周りを観光客がグルリと囲い手拍子ではやしている。何の集団かは判らずじまいだったが、威勢の良い元気をもらった。

カエル祭り参加団体なのだろう。

蕎麦は四柱境内にある「こばやし」で頂いた。蕎麦が香る細身の麺。喉越しも良く、脇を固める野菜天婦羅も良し。海外からの観光客も蕎麦を食べていた。通な観光客なのだろう。

 

辰野町ホタル祭り

松本から高速で50分程の辰野町で「ホタル祭り」が開催されているとの情報を入手。

6月15日〜6月23日の期間。 今日が最終日の前日の土曜日。今やホタルは幻。これは行って見るしかない。

長野道から中央道を伊北ICで降りて辰野町へ向かう。道路のポイントポイントに「ホタル祭り」の印が表示されている。町へ近づくと「ホタル祭り駐車場」の表示。駐車場も多数準備されている様で、息子夫婦がiPhoneで駐車場の空き状況を検索し進む。町営野球場が空いている情報をキャッチ。

無事駐車が出来たのが18時頃、この季節の空は未だ明るい。

駐車場から町の中心部へ歩いていく。多くの人が歩いていく。中心部に近づくと益々人が増えてくる。すごい人出だ。

辰野駅前を通るメインストリートは、両側が屋台で人の波になっている。

「辰野のホタル祭り」、何回か耳に届いたフレーズだが、これ程とは思わなかった。

駅には「ホタル祭り臨時列車」も着ている。

人の波に逆らわず、「ホタル保護育成協力金」@500*人数も途中で払い、徐々に暗くなる方向へ歩いていく。

「ホタル寺」の前を通過する。

f:id:photogenic_something:20190625231331j:plain

D810, AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 1/250, ISO5000, f/7.1

 

ほたるの名所「 ほたる童謡公園」へ到着。町の方々が整理役として事故防止のために道の脇に立っていて下さる。感謝である。

暗闇の坂を下っていくと小川が流れている。

 

川縁の草の中に小さな黄色い光!!

その黄色い光が空を舞う!!

動く!!

もう一つの光に寄っていく!!

 

暗闇の中で三脚をセット。カメラを光の方へ向ける。露出時間は13秒とした。シャッターを切る。 上手くレンズの前をホタルが横切ってくれるのを待つしかない。

f:id:photogenic_something:20190625231529j:plain

D810, AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 13s, ISO2500, f/7.1

 何とか撮れた。

町の人の話では、

「今夜は2000匹位じゃないか!人の数の方がその10倍よりも多いね(笑)」

 

今年で71回の歴史を数える「ほたる祭り」とのこと。

大正時代から保護を始めた。

この町の方々の先見性と自然への深い愛に感謝。

 

第71回信州辰野ほたる祭り開催 | 辰野町 観光サイト

 

孫達に見せようと思って来たが、自分達が何よりも感動し楽しんでしまった。

 

END

 

 

戸隠高原

鏡池
 

昨年8月、戸隠を訪ねた

奥社参道の杉木立ち

その荘厳さに驚嘆した事を覚えている

f:id:photogenic_something:20190531172113j:plain

D810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G VR, 1/250, 92mm, ISO5000, f/7.1, 2018.8撮影

 

去年は、残念ながら「鏡池」に寄る時間が無かった

 

今回は鏡池だけを目指す

しかも、雨上がりの鏡池

(雨上がりの鏡池になるはずだ)

 

5月29日、朝6時過ぎに佐久穂を出発

まだ雨が降っている

 

中部横断道から上信越自動車道

高速道路から見える山々の緑が美しい

長野県は新緑の時期を迎えている

千曲川さかきPAで里の景色を一枚撮影した

f:id:photogenic_something:20190531180229j:plain

D810 + AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/80, 46mm, ISO100, f/7.1

雨雲が低く垂れ込めている

信濃町ICで高速を降りて

小林一茶」記念館の脇を戸隠へと向かう

 

戸隠の山を登り始めると雨が止んだ

急勾配を登っていくと雲の切れ目から真っ青な空がチラリ

それが徐々に広がり紺碧の青空となった

 

鏡池の駐車場には、他に1台のみ

風は冷たいが気持ちの良い五月の風だ

風が吹いているので、湖面に戸隠山が映らない

f:id:photogenic_something:20190531181547j:plain

D810 + TAM 15-30mm f/2.8 G2, 1/250, 18mm, ISO100, f/8

湖を反時計回りにポジションを変えてみた

少し山が写り込んだ

f:id:photogenic_something:20190531182233j:plain

D810 + TAM 15-30mm f/2.8 G2, 1/400, 15mm, ISO100, f/6.3

 

鴨のつがいが飛んできた

この二羽と新緑の戸隠山を撮ってみた

f:id:photogenic_something:20190531182733j:plain

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8 FL ED VR, 1/125, 95mm, ISO250, f/9

 

美しく萌える新緑を切り取ってみた

f:id:photogenic_something:20190531183314j:plain

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8 FL ED VR, 1/100, 112mm, ISO250, f/9

そうこうしていると、風が少しおさまってきた

正面ポジションで湖面への写り込みをチャレンジ

f:id:photogenic_something:20190531183653j:plain

D810 + TAM 15.0-30.0 mm f/2.8 G2, 1/200, 27mm, ISO250, f/9

少し映り込んだ

9時を過ぎて少し雲が出てきた

5月の鏡池は「緑萌える」だ

朝までの雨で緑の美しさが際立ったのだろう

幸せな撮影だった

 

END

 

 

緑のシャワー

都立光が丘公園

昨日から晴天になった

今日は、30度を超える

こんな日は太陽の陽射しを浴びるのが良い

光が丘公園の森が、サワサワと風に揺られて迎えてくれた

f:id:photogenic_something:20190524234103j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 1/125, ISO320, f/3.5

ここは昔、「グラントハイツ」と呼ばれる米軍将校の住宅地だった

広大な敷地だった

公園面積の数倍だったと思う

f:id:photogenic_something:20190524234110j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 1/640, ISO320, f/3.5

当時の樹木が残されたのだろう

カントウタンポポ自生地が柵で囲われている

しかし柵の中は雑草だらけ

これで自生地を守れているのだろうか

f:id:photogenic_something:20190524234131j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 1/400, ISO320, f/3.5

グラントハイツも柵で囲まれていた

鉄条網の柵だった

しかし小学生ならば通り抜けられる通り穴が掘られていた

地元の小学生はその場所を知っていた

度々、仲間と一緒に通り穴を抜けて別世界へ侵入した

f:id:photogenic_something:20190524234139j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4G, 1/320, ISO320, f/3.5

抜け穴から一番近くの家にジムが住んでいた

同じ年くらいのホワイトであった

家の外で一人で遊んでいることが多く

我々が抜け穴を抜けて入ると喜んで迎えてくれた

牛乳瓶、非常に大きな瓶、を持ってきて振舞ってくれた

f:id:photogenic_something:20190524234138j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/50, 300mm, ISO1600, f/6.3

多くの場合、しばらくすると家の中からマームの大きな声が聞こえてくる

英語で大声を上げているが小学生でも雰囲気で理解できた

「ジム、その子達と遊んではダメです!」

マームの声が聞こえるとジムは、首を振りながら我々から離れていった

f:id:photogenic_something:20190524234148j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/400, 210mm, ISO1600, f/6.3

グラントハイツ内をMPのマークを付けた車が巡回していた

Military Policeである

車の上で赤と青のランプが回転していた

今のパトカーと同じである(当時の日本パトカーは、赤一色が回っていた)

我々を見つけるとランプを回転させて追ってきた

小学生の子供達である

走っても大した事は無い

しかしMPはいつまでも追ってくる(今思えば、極めてゆっくり)

息が切れる頃、グランドハイツの真ん中にある日本人食堂へ辿り着く

f:id:photogenic_something:20190524234223j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/80, 28mm, ISO640, f/9

ここへ逃げ込めばセーフである

ここはチガイホウケン(治外法権)、当時我々小学生が知っていた言葉

日本の中のアメリカの中の日本??

この日本人食堂の中は、MPも追って来ない

うどんやラーメンを食べる事も出来た

f:id:photogenic_something:20190524234227j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/40, 185mm, ISO100, f/9

あの食堂は、どの辺に有ったのだろう

今の公園では全く分からない

 

食堂から侵入した通り穴まで、MPの不在を確かめて走って帰る

 

子供相手なので、MPも本気で追っていたのではなく

「ここへは許可無く入っちゃダメだよ」

を教える程度に追ってきたのだろう

 

楽しい思い出である

 

f:id:photogenic_something:20190524234251j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/500, 28mm, ISO250, f6.3

現在の食堂、休憩所である

もう走る必要は無い

ソフトクリームで涼を取る

f:id:photogenic_something:20190524234235j:plain

Tamron AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR LD Aspherical, 1/250, 28mm, ISO100, f/9

この森の木々も昔から有ったのだろう

当時は、どの様に住宅が並んでいたのか

広い空間の中にポツリポツリと家が有った様に思う

 

5月の爽やかな風が吹いている

 

END

 

燕子花図屏風


カキツバタズビョウブ」根津美術館

舌を噛みそうな発声だ

「燕子花図屏風」(カキツバタズビョウブ)が南青山の根津美術館で展示されている

f:id:photogenic_something:20190508182143j:plain

 

今日は、車で行った

表参道を南青山方面へ真っ直ぐ行く

根津美術館前」信号を右折

すぐ左手に駐車場への入り口

9台のスペースだが、今日はラッキーに停まれた

 

去年、美術館へ問い合わせもせず、常設されていると思い込んだ

残念ながら去年は、作品を休ませるために展示はなかった

 

なので、2年越しの夢が叶って初顔合わせである

展示物は燕子花図屏風(カキツバタズビョウブ)を中心に18点あった

 

やはり濃紺の花弁と鮮やかな若茎の燕子花図が圧巻

さすがに国宝だ、尾形光琳作だ

残念ながらカメラ撮影禁止

ですから下記URLで根津美術館を観て下さい

http://www.nezu-muse.or.jp/jp/collection/detail.php?id=10301

 

 観終わった後で被写体を求めた

f:id:photogenic_something:20190508215225j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/60, ISO1000, f/3.5, 四面仏碑像 中国北魏時代

フロアに北魏時代(6世紀)の仏像が配置してある

これは撮影禁止では無い

 

しかし、これだけでは物足りない

f:id:photogenic_something:20190508220206j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/2500, ISO1000, f/3.5

フロアの人が写り込まないタイミングを狙い、外の庭園を撮影してみた

美術館内の暗さと対照的な戸外の明るさ

これに誘われて庭園に出てみることにした

f:id:photogenic_something:20190508220815j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/250, ISO100, f/3.5

結構急な石段を降りていくと池が見えてきた

池の周囲には何と!

カキツバタ(燕子花)

群生地が二箇所

f:id:photogenic_something:20190508221209j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/200, ISO100, f/5

尾形光琳もこの様な燕子花の群生を見て

作品のイメージを作り上げたのだろう

何とおしゃれな美術館なのだと感心

 

池の中の石と燕子花が良く似合う

f:id:photogenic_something:20190508222216j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/1000, ISO100, f/2.8, クロップ

 

鬱蒼とした緑の中から燕子花をのぞいてみた

f:id:photogenic_something:20190508222324j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/640, ISO100, f/2.8, クロップ

 

池に渡る橋の上から撮影すると

池面に反射した燕子花

f:id:photogenic_something:20190508222401j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/100, ISO100, f/8,クロップ

平日にもかかわらず多くの人が訪れていた

アップした写真でクロップが多いのは、人の写り込みをカットしたため

 

帰る際に駐車場にそびえている記念碑をみると

f:id:photogenic_something:20190508223738j:plain

 

根津翁記念碑とある

 

調べてみると(Wikipedia)

根津美術館は、東武鉄道/南海電鉄/武蔵大学/高校などを残した明治の政治家、実業家

根津嘉一郎の収集品を展示してある

また美術館敷地は嘉一朗の邸宅地であった

 

「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」という信念の持ち主

 

明治の偉人には脱帽である

 

END

 

 

新緑の床もみじ

 昨年訪ねた「床もみじ」

群馬県桐生市に宝徳寺という寺がある

室町時代の宝徳年間、1450年頃に創建された禅寺

長い歴史を持つお寺さんだ

昨年(平成30年)11月、NHKがこのお寺を紹介した

床もみじ

磨き上げられた漆塗床に深紅のモミジが映し出される

驚くべき景色がTVに映し出された

早速、翌日撮影に訪問した

その際のショットが下の3枚

f:id:photogenic_something:20190505214600j:plain

AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/40, 55mm, ISO100, f/4.0

 

f:id:photogenic_something:20190505214829j:plain

AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR, 1/60, 24mm, ISO100, f/4.0

 

f:id:photogenic_something:20190505215104j:plain

Tokina AT-X 124 AF PRO DX, 1/200, 13mm(換算20mm), ISO100, f/4.0, D810 DXモード

 

今年の「床みどり」

ゴールデンウィーク期間限定で「新緑の床もみじ」公開とHP情報を知る

紅のモミジではなく、緑のモミジが映り込むという

令和当面の催事TV中継も一段落したので

楽しみにしていた「床みどり」光景の撮影に出掛けてきた

 

下の3枚が「床みどり」

入り口正面のモミジ葉は紅色

他の新緑色との対比が美しい

f:id:photogenic_something:20190505221253j:plain

TAMRON SP15-30mm f/2.8 G2, 1/6, 27mm, ISO100, f/14

 

石庭をのぞむと新緑が漆床に染み入る様だ

f:id:photogenic_something:20190505221641j:plain

TAMRON SP15-30mm f/2.8 G2, 1/500, 15mm, ISO160, f/4

 

少し画角を狭め新緑のみにフォーカスすると

「床みどり」と「新緑」のシンメトリー、すがすがしい

f:id:photogenic_something:20190505222138j:plain

TAMRON SP15-30mm f/2.8 G2, 1/2000, 30mm, ISO250, f/4

 

1時間30分程の撮影後、東京へと高速道を戻った

午前中に大半を通過出来、渋滞に巻き込まれる事もなく

久々に気持ちの良い初夏の風を楽しみながら帰宅した

 

END

 

蔵前神社

 

私がたびたび訪れる場所

季節毎に訪ねる場所

蔵前桜の時期にはメジロを狙える

f:id:photogenic_something:20190428225555j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4 G, 1/160, ISO100, f/2

藤はそろそろ終わり

しかし古い建物と新緑のコントラストが美しい

f:id:photogenic_something:20190428225616j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4 G, 1/1000, ISO100, f/2, クロップ

ニャンコがのんびりと毛繕い

神社の飼い猫

f:id:photogenic_something:20190428225538j:plain

あれあれ
すっかりリラックス

邪魔にならない様にソロソロと歩く

猫には気を使う

f:id:photogenic_something:20190428225514j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4 G, 1/200, ISO100, f/2.8

名物の巨大ミモザも花の時期は終わった

種だろうか

サヤが短冊の様に風に揺れている

f:id:photogenic_something:20190428225449j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4 G, 1/250, ISO100, f/2.8

この花木の名前が分からない

花弁は桜に良く似た形をしている

ツツジにも似ている

めしべが少し大きい

なかなか風情のある花だ

f:id:photogenic_something:20190428225614j:plain

AF-S Nikkor 50mm f/1.4 G, 1/100, ISO100, f/1.6

狛犬さんにも挨拶を忘れずに

家内安全、撮影スキル向上(神頼み!)をご祈願

 

次は祭りの時期に再訪します

 

END

 

PS:蔵前神社のHP

http://kuramaejinja.justhpbs.jp/

神社の駐車場は有りません。近くの有料駐車場を使用。

駐車台数が少ないので複数の駐車場を探す可能性有ります。

江戸時代には相撲の本場所が蔵前神社でひらかれていた。

 

深見草

牡丹が咲いた

巨大な花が開いた

紅く鮮やかな色を放っている

f:id:photogenic_something:20190423215011j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/640, 60mm, ISO400, f/4

上手く撮ろうと三脚を立てる

三脚の脚の置き場に困る

1本は石の上、1本は土の上、1本はツツジの根元、グラグラする

雲台ポールを横にセットしカメラを花に近づける

気に入った構図になるまで何回もセットし直す

f:id:photogenic_something:20190423215022j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/80, 60mm, ISO100, f/6.3

何となく豪華さは表現している

しかし牡丹の凄さが表現できていない

もっと近づけよう・・・

 

しかし三脚では思う様に近づけない

カメラを雲台から外し手持ちへ

花に近づけるが手が振れる

風が吹き花も揺れる

呼吸を整え静かに待つ

風が止み花の揺れが止まった瞬間にシャッターを切った

f:id:photogenic_something:20190423215027j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/80, 60mm, ISO100, f/6.3

綺麗に撮れた・・・

しかし妖艶さが足りない

もっと近くへ

また風が吹いて花が揺れる

待つしかない

カメラを持つ手が痛くなってきた

しばらく休憩して腕を休める

 

小休憩中にF値を考える

マクロレンズだが広い範囲の焦点を合わせたい

Fを絞り込んでみよう

光も強くなってきているのでシャッター速度も稼げる

風の揺れも吸収できる

 

再度チャレンジ

風が止まり花の揺れがおさまった瞬間にシャッターを下ろした

f:id:photogenic_something:20190423215043j:plain

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/250, 60mm, ISO200, f/13

牡丹だ

イメージが近づいたと思う

牡丹は多くの別名を持っている

深見草(ふかみぐさ)もその一つ

この一枚の様に花の深い部分を鑑賞する事を意味しているのか否か

 

美しい花の表現ができたのかどうか

開花直後の撮影なので水々しさは写り込んだと思う

一歩一歩だな

 

今日はこれで良しとしよう

 

END